7月10日(水) 稲葉先生の理数探究科

「トトロが一晩で大きくした木の名前を知っている?」

正解は、樫の木だそうです。

7年生の生徒たちは、オリエンテーリングのように、校内を観察して回りました。そのあと、教室に戻って学習を深めていました。稲葉先生の周到な準備には、とても驚かされました。子どもたちは幸せだなあと思いました。

1907101 1907102

 

7月9日(火) 「主体的に」学ぶ

小中一貫を始めて5年、たくさんの子たちが卒業していきました。ここで過ごす4年間、あるいは小中の9年間で、この子たちの人生にどれだけの意味や価値を持たせうるのか、それがわれわれに問われていると最近つくづく感じます。

「主体的に」「主体的に」と、人は言います。しかし、子どもが「主体」になっていない状況で、その子どもに「主体的に」学べというのは無理な話です。本校では、いま、「囲い込まれた」主体性ではなく、「天井を突き抜ける」主体性を求めて授業改革に取り組んでいるところです。

1907092 1907091

6月21日・22日 市内総体

本校は生徒数が少ないので、9年生だけではチームを作れません。7年生から総体に出ている生徒もいます。

毎年のことですが、試合会場に行って相手コートを見れば、2倍・3倍もの選手がいます。そんな中で、保護者の方の声援を受けながら、今年も子どもたちは頑張ってきました。

東播大会やコンクールに向かう生徒、これで部活動に終止符を打った生徒、それぞれに自分のやってきたことに誇りをもって歩んでいってほしいと願っています。

1906221 1906222

7月8日(月) 笠原先生の理数探究科

DNAの学習でした。理数探究科が始まってから、毎年兵教大の笠原先生に来ていただいています。今年で6回目になります。

さけやブロッコリーのDNAについて学習したあと、人間のDNAについても調べました。

玄関を入ったところに6年前の笠原先生の写真を飾っていますが、そのときと変わらず丁寧に教えて下さいました。

1907081 1907082

6月20日(木) 市内総体 前日

9年生にとって、最後の大きな大会です。

ぶかぶかのユニフォームを着て試合にでていたころを思うと、ずいぶん成長しました。

それぞれの会場で、いままで練習してきたことを思う存分発揮してきてもらいたいです。

1906201 1906202 190621