6月13日(水) 教育実習生の研究授業

実習生にも本校の新たな形式で、研究授業の指導案を書いてもらっています。書き直す中で、自分自身が求めようとしていることを掘り起こしたり、再認識したりしています。

ある実習生は、既習の知識をもとに話し合いながら新たな発見をすることがこの子たちの未来につながると力強く言いました。また、ある実習生は、自分がケガをしたときに声をよくかけてもらった経験から、運動が苦手な子どもが運動を好きになるようにしていきたいと言いました。

なかなか自分の思うように研究授業は進まないようですが、それぞれ自分の基軸をもって授業をしようとしているのがいいと思います。

GEDC2065 GEDC2066